【就活がつらい】先輩が語る1つの原因と今からできる対策、ミスマッチを減らす秘訣

就活がつらいし、自分のやりたいことがみえない。

このままじゃあいけないって思うけど、就活を受けるのもつらい。

また、ダメだったら、自分を否定されたらどうしようって

不安で選考を受けることもこわいです。

大学4年 文系 男性

大学受験まではこれをやればいいっていうのがあったけど、

就活は何をしたらいいかわからないし、

何がよくて選考進んでいるのかも分からないです。

だから、最終選考までいけても、最後内定がもらえなくて、

私って社会から必要とされていないのかなって落ち込みます。

大学4年 文系 女性

「就活がつらい、選考受けるのも、こわい。」こんな声をよく耳にします。
その一方で、「楽しく就活できました、内定いくつももらえました」という人もあります。
ではこの違いは何なのか、書いていきたいと思います。

今回のポイント
・【原因】認識のズレ
・【対策】自分を売るとは

就活がつらい原因

どうして、就活がつらくなってしまうのか、原因の1つが
・企業側と学生との間での認識のズレ
です。

学生時代は

・勉強を教えてもらう
・必要な手続き等についての連絡を受ける など

してもらうことばかりでした。
だから、就活も、自分から何かしなくても、
会社からすぐに内定出してもらえる、
色々とよくしてもらえると思ってました。

大学4年 理系 女性 

どうしても、今までの感覚は抜けないですよね。
私も、就活を甘く考えているところがあり、苦労しました。

社会人って

・働き、社会貢献をして、給料をもらう
・手続き等は自分で把握して、期限内にやる など
何もかも自分でやらないといけないし、
給料など受け取る分は何かしらの形で返していかないと、
いけないことが最近、やっとわかりました。
これがわかっていないで、よい給料が欲しい、手厚い福利厚生が欲しいって、子供みたいに駄々こねてたから、なかなか内定もらえなかったんだって、気が付きました。
自分が悪いんですけど、この原因がわかってなくて、落ちてばかりいたから、就活はつらかったです。
そん時は、会社が見る目がないとか、あんな短時間で自分を評価するなって思ってましたけど、見当違いでしたね(笑
今なら、そんな自分は取りたいと思わないことがよくわかります。
欲しいほしいっていう人には、一緒に働きたいと思えないですし、将来性の期待がもちにくいですよね。
今そういう能力があるかどうかってよりも、一緒に働きたいと思えるか、積極的で何かしてくれるのではないかって将来性期待できる人は目立ちますよね。
今は人事の仕事をしていますが、就活生を見ていて、ここがわかっていないと、ではあなたは我社のために何ができますか、って聞きたくなりますね。
この事実に気付いてもらいたいって気持ちで。

社会人3年目 男性

この認識のズレっていうのは、案外少なくないように感じています。
学校の延長線上で考えると、就活がうまくいかず、どこに原因があるかが見えなくなり、つらくなってしまいます。

今からできることは「大人に聞いてみる」

この認識のズレは、学生が思っている以上に、大きいものです。
ビジネスをやったことがある学生ならば、わかるかもしれませんが、そういうビジネスの世界に身をおいている人と、仕事について話をしてみましょう。
身近な親と話ができるならば、親でもいいですし、親が難しければ、バイト先のオーナーや店長、できるだけ部下を持った経験がある人がいいです。
これらの人に、どういう部下がいい部下なのかを聞いてみましょう。
その部下像を、イメージして、自分を売り込めば、印象がぐっと変わります。
そして、売り込むときに大事なことは、買ってくださいという弱気な気持ちではなく、こういう自分を買わないと損ですよ、という様な強気の気持ちが大事です。
積極性は、社会で求められています。ただ、注意すべきは、上から目線にはならないことです。
自分はこういうものだから、買いませんかという営業をすれば、自分とあう会社ならば、内定を出してもらえます。
逆に、合わない会社からは、内定は出してもらえませんが、ここは問題ありません。
会社側も、最後は、能力だけではなく、会社とあうかどうかを見ていますから、
ここで合わなかったからといって、否定されているわけではありません。