【就活・インターン】インターンシップに行くべき理由と、企業のインターン開催の理由

就活の時期がどんどん前倒しになり、いつから実際にはじめたらいいんだろう?
こんなことを聞かれることが増えてきました。
最近、よく質問されるインターンの参加について、書いていきます。

インターンシップとは

インターンシップとは、大学生が一定期間企業で働く「職業体験」のことを指します。
なんだ、アルバイトと変わらないのかな?という人もたまにいますが、
アルバイトとは違います。
インターンシップと言っても、色々なものがあり、給料が発生するものもあれば、
1日だけなど、短期のインターンから、数ヶ月の長期のインターンもあります。

ざっくり企業や業界について知れる!1Dayインターンシップ

実際に働くというよりは、業界のことや業務内容についての説明や
働いている社員の紹介があったりと、説明会をより深く掘り下げたような形態のものです。
夏休みや春休みなどの期間に行っている企業も多いので、複数のインターンシップに
参加して、ざっくりと知識をつけて企業選びの参考にすることもできます。

選考を兼ねている!?短期インターンシップ

数日〜1週間、決められた期間の間取り組むもので、短期インターンとも呼ばれています。
企業によっては、選考の一環として行う場合も多く、取り組み方やコミュニケーション、
発想力、スキル面など様々な観点で評価されます。
面接だけでは知ってもらえない自分を企業に見てもらえるというだけでなく、
普段出会わないような学生と出会い友人になれるというメリットもあります。

実践的なスキルが身につけられる、長期インターンシップ

ベンチャー企業を中心に長期インターンシップと呼ばれるものがあります。
数ヶ月から、長い人では数年間、企業の一員として実際の業務を行います。
また、時給や日給など形態は様々ですが、給料がでる場合がほとんどです。
長期インターンシップは、上記で紹介した短期インターンシップとは違い、
実際の業務を社員と共に行っていくので、責任感や緊張感が伴うだけでなく、
実務レベルのスキルが身につくので、やる気によっては即戦力の人材となることも可能です。

企業がインターンシップをする目的

企業がインターンシップをする目的は、

優秀な人材の確保
できるだけ早い段階で学生との接点を持ち、そこで能力が高い学生、また、
会社との親和性が高い学生を囲い込むためです。
そうしていく中で、より学生のことを深く知り、ミスマッチを減らす。

です。

他にも学生への企業PRも兼ねています。
日常生活を送っている中で、学生の目に触れない企業は多くあり、
そんな学生と、接点を持つためには、インターンシップが行われることもあります。
選考とは違い、学生にとって、インターンは、ハードルが低いため、
聞いたことがない企業であっても、足を運ぶ人は少なくありません。

企業がインターンシップで見ているところ

学生との接点を持ちたいと思い、企業はインターンシップをしていますが、
どんなことを謳っていても、企業は学生の人材確保が目的でインターンをおこなっています。
これをしっかりと頭にいれておくことが大切です。

・メールの文面や返信の早さ
・到着時間は何分前か
・話を聞く姿勢
・他の学生とのコミュニケーション
・社員とのコミュニケーション
・周りへ気配りができるかどうか      など様々です。

注意すべきは、この様なところを見ているというのは、
上記の様なことが自然とできる人かどうかを見ているということです。
こういうことが自然とできる人はしっかりとしている人が多く、信頼されます。
普段、こういう事をできていない人は、一発で見抜かれます。
ただ、安心してもらいたいことは、

こういうことができる学生内定がもらえる人

ではないということです。

こういう学生は、どういう企業でも選考を進んでいくことができますが、
企業が欲しい人材は、会社の雰囲気にあうかどうかです。
企業の雰囲気に合わなければ、どんなに能力が高くても企業としては、内定は出しません。
なので、学生としても、ミスマッチを減らしたいと思うならば、背伸びをするのではなく、
繕うのではなく、自分をできるだけさらけ出す様にしましょう。

こんな人におすすめ!インターンの受け方について

インターンシップに参加した方がいいのか、それとも別に参加しなくてもいいのか。
こんなことが気になる人もあると思います。
どういう人にインターンがおすすめなのか、書きたいと思います。
よければ参考にしてみてください。

就活で何をしたらいいかわからない人

就職活動をしなければならないと思いつつ、何をやったらいいのかわからない、
こんな人は少なくないと思います。
そんな人はインターンシップに参加することをおすすめします!
周りの学生の雰囲気を肌で感じることができたり、最近はインターンシップで、
自己分析をワークでやるところもある為、それを活用することも一つの手でしょう。
そして、社会人に接することで、働くとはどういうことかを、
少しでも感じられると思います。

業界について知りたい人

業界について知るには、直接、話を聞くことをおすすめです。
インターンの中で、業界についてや、そこでの仕事についての話を聞くことができるからです。
中には、その会社のことについて話しかないところもありますが、
そういう時は、積極的に質問しましょう。
質問をすることは、積極性をアピールすることにも繋がります。

スキルアップしたい人※注意

スキルアップしたいということで、インターンシップに参加しようと思っている人が
ありますが、これは当たりとハズレがあります。
企業側がインターンシップを行っている目的は、優秀な人材を確保です。
ですから、スキルアップできる内容のインターンシップに受けられるまで進むには、
繰り返しその企業のインターンシップに参加しなければなりません。
その点を踏まえて参加してみてください。

この企業に行きたいと決まっている人

こういう人はあまりいないかもしれませんが、第一志望でなくても、
この企業から内定をもらったら、就職したいと思う企業があれば、
そこのインターンには、参加は絶対にした方がいいです。
最終選考に通れるかどうかは、会社の雰囲気と合うかどうかではありますが、
その点を除けば、選考を有利に進めていくために、
その企業との接触回数の多さはとても大切です。
ですから、積極的にインターンに参加してみましょう。
また、何かその企業でイベントを催す場合は、こちらから連絡をとって、
イベントに参加させてもらえないかと打診するのも、いいと思います。
そういうイベントに参加すれば、同じ業界で違う会社の人とも知り合えて、
思わぬつながりができることもあります。

どんなつながりも大切に

学生で、この企業合わないなと感じることがあると思います。
そんな時に、どうせ選考も受けないし、気を遣わなくていいやと、
あからさまに態度を悪くする学生がいます。
これは非常に近視眼的ですので、辞めましょう。
同じ業界ならば、就職後に取引があるかもしれませんし、
これからの社会において、どういう人と接するかわかりません。
好印象を持ってもらうと、縁がなくても、仕事をする様になったときに、
何か関わりができるかもしれないからです。
社会に出ると、仕事上の人間関係をつくっていくことは、簡単ではありません。
ですが、インターンシップではお世話になりました、と一言いうだけでも、
相手からは好印象を持ってもらえます。
そういう先のことまで考えて、インターンシップに臨むといいと思います。

最新情報をチェックしよう!