【就活・メンタル】再び立ち上がるためにはどうしたらいいの?そんな人必見!

就職活動をしている中で、

どこかうまくいかない。
何が原因なのかわからない。
自信がなくなってきた。
つらい。          など

こんな事を思うことはないでしょうか。
そんな時に、どうすればいいのか。
この方法を知っていることが大切です。

大事なことは、就活でうまくいっていない原因は、
相手に伝わっていないことが9割以上です。

自分に能力がないから、
自分は必要とされていないのだと、
卑屈になる人がありますが、
決してそういう事はありません。

目線が違うという事を知り、表現を変えるようにしましょう。

なぜうまくいかないのか

就活がなかなかうまくいかないという事があります。
一口にうまくいかないと言っていても、その原因は様々なです。

自己分析がうまくいかないのか、企業研究がうまくいかないのか、
ESがうまくいかないのか、書類選考が通らない、1次面接が通らない、
最終選考が通らない、、、など、色々です。

大きく分ければ2つになります。

自分だけの問題:自己分析、企業研究、ES、SPI、など
相手がある問題:書類選考、グループ面接、個別面接、など

の2つです。

自分だけの問題の場合、やり方がわかっていないために、
うまくいかないという事が多いため、やり方を理解することが大事です。

これに関しては、わかっている人に聞くことが一番です。
積極的に動いて、情報を自ら取りにいきましょう。

相手がある問題の場合、原因を考えることも難しいです。
相手がどの様に受け止めたのか、わからない部分が多く、
明確なこれと思えるものが見つからない事が少ないからです。

これを踏まえた上で、どの様に対処していくかを、書いていきます。

画像1

自分だけの問題

やり方がわかっていない為に、なかなか進まないという事があります。
まずは、もっとやり方を学ぶ様にしましょう。

また、学校の試験とは違い、完璧にできることはありません。
なぜならば、答えがないからです。
そして、どこまでも深堀りはできるからです。

これらはあくまでも内定を取るためにやることですから、
問題は内定を取れるかどうかということです。

それには、合格点を超えることが大切です。
また、どこがポイントなのか、しっかりと見つける事が大切です。

相手がある問題

書類選考、面接などは、企業側が選びます。
そういう時は、それぞれのフェーズはどういうものを見るのか、
まずここを知りましょう。

それぞれどういうものかは、これらを参考にしてもらえればと思います。

そのフェーズ毎で、見るものが違いますので、
そこを参考に具体的にどういう部分がダメだったのか、
この仮説を立てます。

この仮設を立てた時は、できるだけ第3者の意見を聞くことが大切です。
自分としては、こういう部分がダメだったと思ったけど、
どう思うか。



できるだけ具体的な形で、人に問いかけると、
質問されている人からすると、
それは確かにそうかも、と思ったり、
全く見当外れの様に感じるものがあります。

それを参考にトライ・アンド・エラーを繰り返していくことが大事です。