【就活・面接】何事にも狙いがあり、それを掴めるかが勝利のポイント

これは就活に限ったことではありませんが、世の中のことは、
どんなことも意図があり、狙いがあってなされています。

その狙いは何なのか、そこを掴めるかどうかが、勝利できるか、
就活でいれば、内定が取れるかが決まります。

選考フローで、見られる違う

書類選考、一次面接、二次面接、最終面接でも、
それぞれ狙いがあり、目的があります。

学生のどこの部分を見ているのか、ここをおさえる事が、
就活で内定が取れます。

面接で複数回行われるのは、学生をよく知るためでもありますが、
内定の決定権を持つ高い立場の人は、忙しいため、
多くの人との面接の時間が取れません。

そして、それよりも立場が低い人であっても、
役職ついている人は忙しいものです。

それぞれのポイントを理解できれば、戦い方も見えてきます。

1次面接

1次面接では、新人が対応することが少なくありません。
ここでは、必要最低限の力を見られます。
顧客とのコミュニケーションはしっかりと取れるのか、
また、社内でのコミュニケーションが取れるか
などです。
ある程度のハードルが用意されて、そこを通れば機械的に合格させるという
ものです。

画像1

2次面接〜

ここでは、面接の回数にもよりますが、より深く人間性を見られます。
その人の能力や性格、特性などを見られます。

企業や業界によって、ここで重視されるポイントは異なりますので、
2次面接以降に企業研究がどれだけなされているかで、
結果は大きくかわります。

企業研究の深さは、ある程度、就活生の本気度を測ることができます。
ここで本気度を見せられないと、内定を出したいとは思えません。

企業としては、能力が高くても、自分の会社に来てくれるかどうかわからない人は
あまり好まれません。

内定辞退する人もある程度は考慮して、内定を出していきますが、
基本的に内定を出してしまえば、企業から内定取り消しはできません。

学生がよほどの問題を起こしたということ以外で内定取り消しとした場合、
よくない印象を与えること、そして、それを他の就活生が見聞きするためです。

本気度のポイント
・他社ではなく、会社を選んだ理由を具体的に話ができる。
・自己PRがこちらが求めている人材にあっている。
・会社に入ってやりたいことが、会社の未来の展望にあっている。
・会社の商品について具体的な感想を述べられる。 など

気をつけなければならないことは、実際に本気かどうかではありません。
企業側に、本気度が高く映るかどうかが、内定に繋がるかどうかが決まります。

内定無双している人は、この本気度が高くみせる技術に長けているため、
内定を沢山取ることができます。

実際に能力の違いは、そこまではありません。
違いは唯一つ、物事のポイントをおさえる力があるかどうかです。

これは、就活に限らず、どの世界でも、どの分野でも大切なことです。

ポイントを知る方法

ポイントを知るには、大きく分けて2つあります。

・知っている人に聞く。
・大量の学びをして、自分で本質を掴む。

知っている人から聞くことは、手っ取り早いです。

ただし、ここには注意が必要です。
ポイントを教えてくれる人であっても、
そのポイントを深く説明してもらわないと、
理解ができないことがあり、間違った理解をした場合、
的はずれな内容になってしまいます。

また、どんな事にも狙いがあると書きましたが、ポイントの中に、
あるところへと誘導しようと意図を織り込んでくる可能性があります。

変なものに引っかからないためには、複数のところから、
情報を仕入れるという対策があります。
そういうことも意識して起きましょう。

次に、自分で本質を掴むことは、これは大変時間がかかります。
しかし、この力を身に着けられれば、
世の中のあらゆることをものすごい早さで吸収できる様になります。

大量の学びをするときは、一つの分野について特化しておくと、
本質が見えやすくなります。

1,同じジャンルの大量の学び
2,そのジャンルの本質が見えてくる
3,別のジャンルを学ぶ

1,2,3を繰り返していくと、本質には分野をまたいで共通する部分が
あることに気が付きます。

そうすると、新しい学びをしても、ポイントを感じ取る嗅覚が徐々に備わってきます。

最終面接

最終面接では、よう「意思確認の場」だと言われますが、
これは全くの嘘です。

会社内の重役が最終面接を行う訳ですが、
面接を行っている分、仕事ができない訳です。

重役は意思決定をする立場ですから、
重役が仕事ができないという事は、
現場も動くことができない訳です。

ですから、形だけの面接をしているほど、重役には時間がありません。
なので、「意思確認の場」という認識は捨てましょう。

ではどういうことを見られるのかというと、
1番は本当に会社に合うかどうかという事です。

会社の理念に合うかどうか、
社内の雰囲気に合うかどうか、
将来、会社に貢献してくれそうかどうか、などです。

今までの面接以上に、人を見る目が養われているのが、
重役の人ですから、ちょっとでも話に一貫性がなかったり、
口調やトーン、声の大きさ、言葉のスピードなどで、
志望の本気度も見抜かれてしまいます。

内定無双をしたいならば、重役の目でみても、
本気度があると思われる様になるほどの質と練習量が大切です。