【就活の見た目】「個性」、「没個性」はどっちがいいの?気になる答えは…

就活がはじまり、見た目が大事と聞くけれど、自分の見た目は大丈夫かな?
こんな不安を抱えている人は少なくないと思います。
就活には目立った方が印象にも残る?それとも、無難が大事?
こういうことで迷う人もいるかもしれません。
ではどういうものがいいのか、答えていきたいと思います!

この記事を読んでわかること
 ・見た目がなぜ大切なのか
 ・就活で大事な見た目は個性か没個性か
 ・その理由

就活での第一印象は0.2秒で決まる わたしの見た目は大丈夫?

第一印象は、視覚55%、聴覚38%、言語7%(メラビアンの法則)で決まると言われています。
ですから、最初の入室時の「失礼します」の、声のトーン、大きさと、0.2秒見られて決まってしまいます。
中でも、相手の印象を強く決めるものは、見た目です。
見た目だけで、人を判断してもらいたくないと、就活生は思うかもしれませんが、経験上、大体見た目を見れば、その人がどういう人かがわかります。
後ろ側にちょっと寝癖がある人は、最後まできちっと確認ができなかったり、詰めが甘かったりします。
世の中のプロの人は、ちょっとしたことにも気を配りますから、ミスがなかったり、身だしなみが整っています。


お笑い芸人で、漫才をしている人たちで、スーツを着ている人達は、少なくありませんよね。
漫才は笑いを取ることが仕事ですから、見た目からおかしな格好をしていてもよさそうですが、なんでスーツなんでしょう?
それは、命である、喋りに集中してもらうためです。
靴が汚れていて気になる人、服にシワがよって気になる人、色使いが気になる人、色々な人がありますが、どこか一つひっかかると、喋りに集中できなくなります。
前で発表している友達の服が裏返しで、タグが出ていると、そのタグが気になって、話が頭に入って来なかったという経験はないですかね?
それと同じことです。
漫才のプロならば、話に集中してもらいたいために、見た目を清潔にし、歯を白くし、口調、声のトーン、間のとり方、声の大きさ、抑揚など、様々なことにこだわります。
ですから、ちょっとしたことに気を使えるかどうかは、社会では非常に重視されているのです!

個性と、没個性、どっちが就活の見た目としてはいいの?

では、本題ですが、答えは間違えなく個性は必要ありません。
テンプレート通りの無難な見た目こそが大事です。
それじゃあ、没個性で目立たないじゃないかって思う人があれば、
目立つという意味を勘違いしています。
見た目で目立つ必要はありませんし、見た目で目立ったところで、印象に残るのは、瞬間で、線香花火のようなものです。
そして、個性を出して、好感を持ってもらうことは、不可能だからです。
なぜならば、人間好みが違うため、万人に受ける個性ある見た目はありません。
大多数の人が、受け入れられるものがテンプレートになっていきますから、テンプレート通りの見た目がおすすめです。

美人は3日で飽きると言われるように就活において見た目での差別化はなお難しい

人間どんな人でも、馴れというものがあります。
飽きると言ってもいいです。
ですから、見た目を個性化しても、それは瞬間的な印象であって、すぐに忘れ去られてしまいます。
そして、就活は仕事に関わることです。
見た目だけで、その人を採用するかは判断することはありえません。
その人の人柄や能力などで判断されます。
ですから、見た目を個性的にしても、プラスに働くことは少ないですから、
無難にして、もっと別のところで努力してもらいたいと思います。

最新情報をチェックしよう!