【就活・情報】企業を丸裸にする財務分析

財務分析は、主に「IR資料」と呼ばれる、
企業が株主向けに作成した情報資料をもとに行います。
企業分析で見た部分と少し重なる部分もありますが、大切なことなので、
繰り返し書いていきます。

基本となる資料は、以下の3つ。

・損益計算書(PL)
  企業が特定の期間において、どれだけ収益を上げたかを表す資料。

・貸借対照表(BS)
  企業が持っている財産(資産・借金)の状態を表す資料。

・キャッシュフロー計算書(CF)
  企業の一定期間における、キャッシュ(現金など)の流れと、
  企業が保有しているキャッシュの量を示す資料。

財務分析は、主に以上の3つの情報資料からのデータを用いて行います。

これらのデータは、上場企業のホームページにある「IR資料」
(投資家向けの財務資料)、または日本の企業の情報開示システムである、
EDINETで見ることができます。

財務分析のやり方

ファイナンスで企業分析するときには、大きく3つの指標について、
それぞれの項目から考えていきます。

①成長性指標
②収益性指標
③安定性指標

成長性指標

成長性指標とは文字通り、企業がどれだけ成長しているのかを見る指標です。
成長性指標を見るための指標は、主に2つ。

・増収率、増益率
・投資活動のキャッシュフロー

・ 増収率、増益率

  増収率、増益率。この指標は、シンプルに売上と利益が伸びているかを、
  前年比で見た数字です。

売上や利益が伸び続けていれば、企業は成長しています。
反対に衰退していれば、事業が縮小しているということになります。

・投資活動のキャッシュフロー

  財務諸表の中の1つである、キャッシュフロー計算書の「投資活動による
  キャッシュフロー」からは、投資活動によって会社に入った、
  または出ていったお金の流れがわかります。

投資を行った場合はマイナス、反対に株や固定資産を売却し、
現金に変えたならプラスになります。

一般的に、企業が成長のフェーズである場合、設備や子会社などに
積極的に投資するため、投資活動のキャッシュフローはマイナスになります。
反対に、事業が縮小しているときには、設備などを売り払い、
そこで得たお金で負債の返済をするため、キャッシュフローはプラスになります。

このようにして、企業の事業が成長しているのか、
それとも衰退しているのかを確認することができます。

「若いうちから裁量権を持って働きたい」
「ファーストキャリアは、成長企業の中に入って事業を作る力を養いたい」
そういった考えを持っている学生は、
これらの指標をよく確認するといいでしょう。

収益性指標

収益性指標とは、企業がどれほどの利益を獲得しているのかを測る指標であり、
企業がお金を儲ける力、「経営力」を調べることができます。

収益性を測る代表的な指標は、以下の4つ。

・売上高、経常利益、当期純利益
・営業活動のキャシュフロー
・売上高利益率(粗利率)
・総資本経常利益率

・売上高、経常利益、当期純利益

  財務諸表の1つ、損益計算書には、収益を示すさまざまな情報が
  記載されています。
  どの情報も重要なのですが、なかでも就活生にとって特に重要なものが、
  「売上高」、「経常利益」、「当期純利益」の3つです。

売上高
企業が事業活動によって稼いだお金の合計のことをいいます。
500円の商品を、1年間で1万人に売った際、
手もとに入ってくる500万が売上高です。

売上高からは、企業の規模を測ることができます。

経常利益
営業利益(売上高から原価と経費を引いたもの)に、
本業以外の収支を足したものです。
本業以外の収支の例としては、利息や配当金など、金融関係の収支があります。

この指標は、企業の総合的な経営力を表します。

当期純利益
売上高から経費や税金を引いたあと、最終的に企業のもとに残る金額です。
この数字が、企業の営業活動の最終的な成果、
すなわちいくら儲かったか否かを表します。

これらの「売上高」「経常利益」「当期純利益」を確認することに加え、
各値を企業の従業員数で割った、「従業員1人あたりの」売上高や
利益を確認することで、生産性や社員のモチベーションが高い企業かどうかを
見分けることもできます。

・営業活動のキャシュフロー

「営業活動のキャッシュフロー」は、キャッシュフロー計算書の中で、
最も重要な項目です。
なぜなら、この指標は本業によって得た現金の増減を示すからです。

この値がプラスになっている場合、本業は順調であることを示し、
そこで得た利益をもとにして、さらに投資を行ったりすることができます。

対して、この値がマイナスの場合、本業以外の活動によって足りない分を
補わねばなりません。
継続的にマイナスが続く場合、倒産の可能性も出てきます。

企業分析の際には、「営業活動のキャッシュフロー」がプラスなのか
マイナスなのかを、必ず確認するようにしましょう。

・売上高利益率(粗利率)

売上高利益率(粗利率)=売上総利益÷売上高

「売上高利益率」は、売上高に対する、売上総利益の割合を示す指標です。

企業は、売上高から原価を引いた売上総利益(粗利)をもとにして、
社員の給料を払ったり、広告を出したり、投資活動を行ったりしています。
その売上総利益が全体の売上高に対してどれだけの割合を示すかを表したのが、
この指標です。

この割合は、業界によって大きく異なるので、一概に比べることはできませんが、
同じ業界内でも利益率に差があることがあります。

なぜ業界ごとに利益率が異なるのか?なぜ同じ業界でも利益率に差があるのか?
そのようなことを研究することによって、業界の構造理解や、
企業ごとのビジネスモデルの違いが見えてきます。

この指標から企業がどれだけ付加価値をつけて商品を販売しているかを
見ることができます。

例えば、同じ飲食業界でもA社は粗利率が30%なのに対し、B社は60%である。
このことから、A社は薄利多売の経営スタイルなのに対し、
B社は商品にA社よりも付加価値をつけて、
ハイブランド化して販売していることがわかります。

このように利率を調べることで、業界や企業の違いを客観的に研究することが
できます。

・総資本経常利益率

総資本経常利益率=経常利益÷総資本×100(%)

「総資本経常利益率」とは、投下した資本に対して、
どの程度利益を生み出すことができたかを表す指標であり、
企業の資本運用力、すなわちお金を増やす能力を見ることができます。

業界内のどの企業を志望しようか迷った場合、
各企業の総資本経常利益率を比較することによって、
どの企業がもっとも利益を生み出す力があるのか、
ある程度検討をつけることができます。

このように、収益性の指標を確認することで、企業ごとの経営力や生産性を、
より正確に理解することができます。

収益性の指標は1部「四季報」などにも載っていますが、
より正確に理解するため、さらに掘り下げて上に挙げたような指標を自分で調べ、
研究してみるといいでしょう。

画像1

安定性指標

最後に、安定性指標とは企業の安定性を見る指標です。

「倒産の恐れが少ない、安定した企業に入りたい」と考える安定志向の学生や、
「成長企業に入りたいが、念のためリスクを把握しておきたい」という就活生は、
この指標を見るといいでしょう。

安定性を測る代表的な指標は、以下の3つ。

・自己資本比率
・流動比率 
・当座比率

・自己資本比率

自己資本比率=自己資本(純資産)÷総資本
「自己資本比率」とは、総資本のうち、返済不要である自己資金が
何%を占めるかを表す指標です。
この指標を見ることで、企業の借金が多いのか、少ないのかがわかります。

この数値が高いほど、企業は無借金に近く、会社の経営は安定しており、
倒産しにくい企業とみなすことができます。
一般に、自己資本比率が40%を越える企業は、倒産しにくい企業と
言われています。

・流動比率

流動比率 =流動資産 ÷ 流動負債×100%

この指標は、企業の短期的な支払い能力を示します。
すなわち、この指標を見ることで、急に支払いが必要になったときに、
どの程度企業が対応することができるのかがわかります。

流動比率は、この流動資産と流動負債のバランスを表す指標です。

倒産しないためには、当然ながら負債に対して、資産が多いほうがいい。
一般に、流動負債に対して、120%程度の流動資産があれば、
問題ないとされています。
150%を越えるような企業は、非常に健全な経営をしていると言えますね。

「JAL」は2010年に経営状況の悪化により経営破たんしました。
その直前の流動比率を調べてみます。

2007年 3月末(破たんの3年前)→ 107%
2009年12月末(末破たんの直前) → 62%

これより、破たんの直前には、流動比率が大きく低下し、
短期的な支払い能力が大きく下がっていることがわかります。

このように、企業の流動比率を調べることによって、
その企業は突然の危機に対応することができるかどうかを
ある程度見分けることができます。

・当座比率

当座比率=当座資産÷流動負債×100%

当座比率は、流動比率に非常に似た指標ですが、もう少し厳しいものです。

先ほど説明した流動資産には、商品や原材料などが含まれていました。
しかし、これらの資産は、「商品が売れずに、在庫として残ってしまった」、
「結局売れず、廃棄となってしまった」などの理由により、
お金にならないリスクがあります。

当座比率とは、そのようなお金にならないリスクのある資産を除外してもなお、
当座資産が流動負債を上回っているかどうかをチェックする指標です。

一般に、当座比率は100%を超えていれば問題ないと言われています。

このように、安定性の指標を確かめることによって、
興味のある企業は安定していると言えるのかを、
定量的に企業分析することができます。

変化の大きいこの時代。
財務データのみで安定性を測ることはできませんが、
少なくともより正確に判断することができます。

最新情報をチェックしよう!