苦しみの原因は、人間関係?それとも心?ブッダの示す解答は

  • 2021年6月14日
  • 仏教
  • 0件

「地獄の一週間」がトレンド入りしました。

また、やりたくない仕事が始まったという、憂鬱を抱えている人が多くあるからでしょう。

コロナで仕事がなくなった人からすれば、贅沢な悩みだという意見も散見されますが、仕事が有っても、無くても、苦しい実態は変わりありません。

仕事がない時には、自分だけ働いていないという後ろめたさや、貯金が減り続ける不安。

仕事があれば、職場での人間関係や、高いノルマ。

仕事だけではありません。

自分の好きなことを仕事にしている人でも、苦悩は抱えています。

芸術の世界で生きる人も、作品づくりの苦労は大変なもので、1日で1行もかけない、1筆もいれることができないということもざらにあります。

名声を得ても、次回作へのプレッシャーは、計り知れません。

こんな世俗にまみれているから、苦しいのだと、今でも出家する人もありますが、そこでもあるのは、同志との人間関係の悩みです。

あの人の修行に対する態度はなんだ、自分の方が真面目にやっているのに、アイツは上手いことやって、先輩から可愛がってもらっている、など。

また、己の欲や怒り、ねたみそねみなどの心との戦いの苦労もあります。

ブッダは、人は皆苦しんでいると教えられています。

あの人が嫌いだからといって、別のところに移っても、その先でまた嫌な人が現れます。

良い環境づくりをしても、やがては不満になる。

環境をどれだけ変えても、苦しみの解決にはならないことは、誰しも薄々は感じていることでしょう。

いちいち人や環境に反応してしまう、己の心をどうにかできれば、もっと穏やかな日々になれるだろうと思い、マインドフルネスやヨガというものに取り組む人が増えてきています。

しかし、どれだけ心をコントロールしようとしても、考えるよりも先に感じてしまい、欲を起こしたり、腹を立てたり、ねたみしく思う心が出てきます。

そして、この欲や怒り、ねたみの心は、ブッダは、どうすることもできないと、明らかにされました。

欲や怒り、ねたみの心があるままで、幸せになれる不思議な幸せを、ブッダは教えられています。

ではどうすれば、そんな幸せになれるのか、ぜひ、ブッダの教えを学んで頂きたいと思います。


自分軸を手に入れられるブッダの教えが、身近な話題から学べる公式LINEアカウントで発信中!
登録者限定の無料オンライン講座や、パーソナルレッスンの特典もあります。
悩みがない、ブレない自分軸をすでに持っているという方は、くれぐれも登録しないでください。

最新情報をチェックしよう!