目の見えないアナリツ尊者を助けられたブッダ・率先垂範

目の見えないアナリツ尊者がある時、衣のほころびを縫おうとして、
針に糸を通そうとしますが、なかなか糸を通すことができません。

そこで彼は周囲に呼びかけた。

「誰か、善を求めるようと思う人は、この針に糸を通してくださいませんか」

その時、

「ぜひ、私にさせてもらいたい」

と申し出られたのは、他ならぬブッダでした。

アナリツは、その声に驚いて、

「世尊は、すべての善と徳を成就なされた方ではありませんか。」

おそれて言うと、ブッダは、

「仏の覚りを開いたからといって、小さな善をおそろかにしてよい道理がない。世の中で、善を求めること私にすぐる者はない」

と答えられました。

仏教の基礎となる教えが、因果の道理です。

良い行いをすれば、良い結果が返ってきますよ。
悪い行いをすれば、悪い結果、不幸や災難を引き起こしますよ。
自分の受ける運命は、すべて自分のやった行いが生み出すものであり、一切、例外はないのですよ、と教えられています。

その道理を、誰よりも、ハッキリと知られているブッダだからこそ、どんなに小さい善であっても、おろそかにされず、実行されました。

理解にも色々です。
頭で理解し、納得する、頭の理解。
人にもわかりやすく説明できる、口の理解。
そして、分かったことを実行する、体の理解。
ついつい頭だけで、実行が伴わないことが多くありますが、本当に分かった方は、実行されます。

自分は、どんな理解をしているのか、反省していきたいと思います。


自分軸を手に入れられるブッダの教えが、身近な話題から学べる公式LINEアカウントで発信中!
登録者限定の無料オンライン講座や、パーソナルレッスンの特典もあります。
悩みがない、ブレない自分軸をすでに持っているという方は、くれぐれも登録しないでください。

最新情報をチェックしよう!