お金のため?承認欲求?何のために働くのか?

「100日後に退職する47歳」というつぶやきが、最近、話題になっています。
これは、プログラマーの男性が、退職するまでの100日間を描いた漫画ですが、その内容は、「何のために働くのか」ということを考えさせられるものとなっています。

職を手にすることも大変な中ではありますが、仕事を手にしても、新たな苦労が待っています。
給料を得られても、自分はロボットかのように次々仕事を回され、体調を崩してしまう人もあります。
インターネットの普及で、変化が激しく、そして、コロナの流行で、今まで以上に閉塞感を感じて、ストレスが溜まりやすくなり、改めて、この働く意味を問い直す人が増えてきています。

会社の人から、また、家族から、褒められたり、認められることは、大きな働きがいになりますが、そんな承認欲求ばかりを求めていると、新たな苦しみが起きてきます。

同じことを繰り返していれば、自分にとっても、周りの人にとっても、やがては当たり前の様になってしまいます。
そうなると、なかなか人から評価を受けることができなくなってしまいますので、つねに進歩、つねに向上をしなければなりませんが、これは大変苦しいことです。

また、多くの人の場合、仕事の内容は、他の人もできることがほとんどです。
この事実にある時、気がつく、自分の存在意義を見失ってしまいます。

この様に、承認欲求を満たすことは、原動力にはなりますが、様々な罠が潜んでいます。

もっと踏み込んでいくと、働くことにのみに、自分の価値をおいておくと、これまた悲劇になってしまいます。
どんなに科学技術が発達し、医学が進歩しても、人間はやがて必ず老いていき、できていたことができなくなってしまいます。
ですから、ただ、働く意味を考えることも大切ですが、もう一歩踏み込んで、知るべきことは、働いて、頑張って、生きていくのは、何のためなのか、という生きる意味でしょう。

この生きる意味が分かれば、仕事は勿論のことですが、あらゆる営みにも励むことができる様になります。

どんな生き方をするかは、人それぞれですが、誰しも知らねばならない、この生きる意味を、ブッダは明らかにされていますので、ぜひ、ブッダの教えを学んでいただきたいと思います。


自分軸を手に入れられるブッダの教えが、身近な話題から学べる公式LINEアカウントで発信中!
登録者限定の無料オンライン講座や、パーソナルレッスンの特典もあります。
悩みがない、ブレない自分軸をすでに持っているという方は、くれぐれも登録しないでください。

最新情報をチェックしよう!