CATEGORY

生命の尊厳

  • 2021年6月1日
  • 2021年6月1日

「もう嫌だって疲れたよなんて 本当は僕も言いたいんだ」 Googleでも分からない難問とは?

YOASOBIのデビュー曲『夜に駆ける』のMVが、You Tubeの視聴制限がかかったことが、話題となっていました。 このYOASOBIは小説を元に楽曲を作成していますが、この『夜に駆ける』の元となっている作品が、自殺を取り扱った内容となり、それを連想させる映像が問題視されたのではないかという見解で […]

  • 2021年5月28日
  • 2021年5月28日

『いのちの停車場』が問いかけている、生命の尊厳

最近話題となっている本に『いのちの停車場(著者・南 杏子)』があります。 この小説は、東京の救命救急センターで働いていた、六十二歳の医師・咲和子は、故郷の金沢に戻り「まほろば診療所」で訪問診療医になり、命と向き合うという話の作品です。 老老介護、四肢麻痺のIT社長、小児癌の少女など、さまざまな患者と […]

  • 2020年8月7日
  • 2020年8月7日

『ジブリの原点「風の谷のナウシカ」に学ぶ、人類の幸福とは?』(後編)

「火の7日間」が、1000年前に起きたことが原因で、世界が腐海に覆われ、人間が住める土地が次々と失われて言っていることが描かれています。なぜその「火の7日間」という事件が起きたのか、その理由を以下のように説明されています。 ユーラシア大陸の西のはずれに発生した産業文明は 数百年のうちに全世界に広まり […]

  • 2020年7月24日

『もったいない!ざんねんな日本人辞典「誤用される言葉の数々(唯我独尊)」』(後編)

「天上天下唯我独尊」とは、お釈迦様が我々人間に、尊い生きる目的があることを教えられたお言葉です。この生きる目的は、どんな人にとっても、これ以上大切なことはありません。そして、この生きる目的についてわからなければ、どんな自殺の対策をしても、それは麻酔による痛み止めであり、解決にはなりません。 悲しい報 […]