TAG

因果の道理

  • 2021年10月16日

2000年前のナツメヤシの種が実をつける。絶対にごまかせない、因果の道理

イスラエル東部にある死海沿岸のローマ帝国時代の遺跡から採取された2000年前のナツメヤシの種子が、芽を出し、実をつけたことがニュースとなっています。 今から約2000年前というと、邪馬台国の卑弥呼が生まれる200年も前です。 ですから、日本の歴史よりも長い時代をその遺跡の中で過ごした種子ということで […]

  • 2021年9月24日
  • 2021年9月23日

目の見えないアナリツ尊者を助けられたブッダ・率先垂範

目の見えないアナリツ尊者がある時、衣のほころびを縫おうとして、 針に糸を通そうとしますが、なかなか糸を通すことができません。 そこで彼は周囲に呼びかけた。 「誰か、善を求めるようと思う人は、この針に糸を通してくださいませんか」 その時、 「ぜひ、私にさせてもらいたい」 と申し出られたのは、他ならぬブ […]

  • 2020年7月16日
  • 2020年7月18日

ブッダが教える最幸の生き方(後編)

運命の原因と結果の関係は? 「因果の道理」は私達の「運命」の原因と結果の関係を教えられています。占いが今でもなくならないのは、自分の運命がどの様にして決まるのか、知りたいけれど、わからないからではないでしょうか。科学の進歩によって、様々なことがわかってきましたが、未だに、運命がどの様にして決まるのか […]

  • 2020年7月15日
  • 2020年7月16日

ブッダが教える最幸の生き方(前編)

情報社会の生き方 情報があふれる社会になり、ますます情報の取捨選択が大切になってきました。現在、世界にある情報の総量は想像を遥かに超えています。2017年の段階では毎月1217億ギガバイト(=122エクサバイト)、2021年には、278エクサバイトまで膨れ上がると言われています。 1ギガバイトだと、 […]

  • 2020年6月30日
  • 2020年6月30日

第2,第3のコロナに向けて、どんな時にも前向きになれるマインドを手に入れよう(後編)

最も知りたい運命はどの様に生み出されるのか 仏教は今から約2600年前のインドで説かれた教えです。 お釈迦様が生涯説かれた教えはすべて書き残されており、今日、一切経と言われます。この一切経は全部で七千余巻という膨大な数のお経となって現存しています。それらすべてのお経を貫いている教えが、「因果の道理」 […]