第2,第3のコロナに向けて、どんな時にも前向きになれるマインドを手に入れよう(後編)

最も知りたい運命はどの様に生み出されるのか

仏教は今から約2600年前のインドで説かれた教えです。

お釈迦様が生涯説かれた教えはすべて書き残されており、今日、一切経と言われます。この一切経は全部で七千余巻という膨大な数のお経となって現存しています。それらすべてのお経を貫いている教えが、「因果の道理」です。

道理とは、法則とも言われ、いつでもどこでも変わらないもののことです。2600年前でも、今日の様に科学が発達した時代でも、そして、これから何百年、何千年先であっても、成り立つこと、正しいものを、法則、道理と言われます。また、インドでも、中国や、日本、アメリカ、ロシア、ブラジルなど、どこの国へいっても、変わらないものが道理です。

因果とは、原因と結果ということです。「どんな事にも必ず原因がある。原因なしに起きる結果は万に一つ、億に一つもない」と仏教では教えられています。これは仏教だけではなく、今日の科学をはじめとして、様々な分野でも言われていることです。ですから、事故が起きれば、事故の原因の調査が行われ、病気を治すために、病の研究がなされ、薬が創られます。

中でも仏教が受け持つ因果関係は、私達の最も知りたい「運命」の因果関係です。科学が発達した今日でも、占いはなくならず、年間1兆円の市場規模とさえ言われます。それだけ多くの人が占いにすがっているのは、見えない先の不安を晴らしたい、自分の未来はどんな運命が待っているのかを知りたい、そして、自分の望む明るい未来を手に入れるにはどうしたらいいかを知りたい、この願いからではないでしょうか。その私達の最も知りたい運命の原因と結果の関係を、仏教では詳しく教えられています。
その運命の原因と結果の関係を、自業自得と教えられています。

実は自業自得は仏教の言葉

自業自得とは、自分のやった行いが、自分の得る運命を生み出すということです。受験生が勉強を励むのも、自分が勉強をすることで、自分の成績があがると思っているからです。また、仕事を頑張るのも、仕事に励めば自分の給料がアップすると思うからでしょう。

これは一見すれば、誰でも納得している様に思いますが、本当にすべて自業自得とは思っていない心もあります。人目がないと、努力できないのも、この自業自得に例外があるのではないかという心があるからではないでしょうか。また、何か問題を起こした時に、それを隠そうとする、ごまかそうとするのも、自業自得と思っていないからではないでしょうか。バレなければ問題ないと思うのは、例外を認めている現れです。

自業自得と思えない原因は何か

また、この自業自得と思えない理由の1つとして、この因果の道理のすべてを理解できていないところにもあります。実はこの因果の道理とは、正確には「因縁果の道理」と教えられています。これは、すべての「結果」は、「因」と「縁」がそろってはじめて引き起こるという事です。「因」だけでも、「結果」は起きませんし、「縁」だけでも、結果は現れません。

例えると、米(結果)ができるのは、モミだね(因)と田んぼ・日光・空気など(縁)が揃っているからです。モミだねがあっても、机の上においておくだけでは米はとれませんし、田んぼを整えても、モミだねを植えなければ、米ができることはありません。そして、これは、「因」が同じでも、「縁」が変われば、「結果」が変わりますし、「縁」が同じでも、「因」が変われば、「結果」は変わります。同じ品種のモミだね(こしひかり)でも、どこで育てるかによって、できた米の値段は変わります。魚沼産のこしひかりなのか、群馬県産のこしひかり、山形県産のこしひかりでも、値が異なります。また、同じ田んぼでも、植える品種が変われば、取れる銘柄が変わります。ですから、因と縁とが合わさってはじめて結果を生み出します。

コロナというのも、一つの「縁」です。この縁が大きく変わったために、結果は大きく変わりました。しかし、「因」を変えれば、また、結果は変えられます。そして、その「因」、自分の行いを変えれば、今までとは異なった素晴らしい未来を手にすることもできます。因縁果の道理が分かれば、自業自得もわかり、そして、「ピンチをチャンス」と受け止めて、コロナの様な緊急事態も前向きに乗り越えられるようになります。

オンライン講座

『第2,第3のコロナに向けて、どんな時にも前向きになれるマインドを手に入れよう』(前編)

ご視聴頂き、ありがとうございました。
よろしければ、感想や質問をお送り下さい。
皆様の感想が非常に励みになります。
後編をご希望される方は、タイトルと後編希望という記載をして頂ければ、
ご案内いたします。

より多くの方に、仏教の素晴らしさを知って頂きたいと、
日々、講座をしておりますが、
どういう内容が皆様に求められているのか、
研究をしています。

その時に、率直な声は非常に貴重です。
応援してくだされるお気持ちとして、
ご協力頂けると幸いです。

    ※個人情報の利用
    当ウェブサイトで収集した個人情報は下記の目的以外では利用いたしません。
    ・お申し込みされたサービスをお届けするため
    ・お問い合わせに対する返答を送信するため
    ・新しい情報サービスを提供・開発するための統計資料とするため

    最新情報をチェックしよう!