コロナで変わった「働き方」、最高の「働き方」を教えられたブッダの教え(後編)

はたをらくにするには、「楽」を知ろう

働くの本質は「はたをらくにする」、周りを幸せにするという事を話をしました。ポイントが「幸せ」ということです。ここを理解することが、働くの本質に繋がりますので、この「幸せ」という事について掘り下げてみたいと思います。

色々な幸せ

この幸せということは、誰しもが求めているものです。楽しい、嬉しい、面白い、居心地がいい、落ち着く、安心する、満足、充実、など様々な言い方がなされますが、どれも「幸せ」ということを表しています。何を幸せと感じることは、人それぞれです。幸せを、好きなものと言い換えますと、好きなものは人それぞれです。好きな食べ物を尋ねれば、各人各様の答えが返ってきます。趣味も同様です。中には、なぜそれが好きなのか、理解できないということもあります。

仏教に教えられる「三長者」

仏教では、世の中に様々な幸せな人がありますが、それを、3つに分けて、「三長者」と教えられます。1つが、「家の長者」です。この「家の長者」とは、金銭的に豊かな人のことです。カネやモノに恵まれることは、確かに不自由が少なく、多くの人が憧れます。しかし、「家の長者」よりも、幸せなものが、「身の長者」だと言われます。なぜならば、お金がどれだけあろうとも、健康を害し、体の自由が効かねば、どれだけお金があっても、使うことができないからです。ですから、お金も大切ですが、それ以上に体が健康であることが幸せであると教えられています。「体は資本」と言われるとおりです。そして、そんな体が健康であっても、いつ病にかかるのか、事故にあうかがわかりませんので、不安が拭い去れません。お釈迦様は心が豊かな人が一番、幸せだと言われています。これが「心の長者」です。この「心の長者」とは、どんな人なのか、掘り下げていきたいと思います。

求める本当の幸せとは

日頃感じている幸せは、幸せは幸せでも、仮の幸せです。それは、やがては色褪せる幸せです。私達が求めているものは、この様な幸せではありません。なぜならば、幸せになりたいと願う私達の本当の願いは、ただ幸せになりたいではありません。その幸せが続いてもらいたいと思っています。幸せになって、それを失ってもいいと思う人はありません。そう思っているならば、それは、幸せを求めているとは言えません。具体的に考えてみたいと思います。愛する人と結ばれた時、誰しもがこの愛がいつまでも続いてもらいたいと願います。そして、愛が続くように、互いに努力するのではないでしょうか。また、金持ちになれば、そのお金を守ろうとします。健康も同じです。健康維持のために、色々な努力をされるでしょう。一度得た地位ならば、それを守るために様々な手段を講じてはないでしょうか。ですから、私達が願い、求める幸せとは、続く幸せです。その続く幸せを手に入れた人が、「心の長者」なのです。

オンライン講座

コロナで変わった「働き方」、最高の「働き方」を教えられたブッダの教え(前編)

ご視聴頂き、ありがとうございました。
よろしければ、感想や質問をお送り下さい。
皆様の感想が非常に励みになります。
後編をご希望される方は、タイトルと後編希望という記載をして頂ければ、
ご案内いたします。

より多くの方に、仏教の素晴らしさを知って頂きたいと、
日々、講座をしておりますが、
どういう内容が皆様に求められているのか、
研究をしています。

その時に、率直な声は非常に貴重です。
応援してくだされるお気持ちとして、
ご協力頂けると幸いです。

    ※個人情報の利用
    当ウェブサイトで収集した個人情報は下記の目的以外では利用いたしません。
    ・お申し込みされたサービスをお届けするため
    ・お問い合わせに対する返答を送信するため
    ・新しい情報サービスを提供・開発するための統計資料とするため
    ・匿名で感想を紹介で使うことがあります。

    最新情報をチェックしよう!