『SNS疲れとおさらば!?ブッダの示す処方箋』(後編)

比べて幸せになれるのか?

SNSで気にしないようにしていても、ついつい周りの人と比べてしまいます。
フォロワーの数を比べたり、投稿の内容を比べたりします。
フォロワーの数も、上には上がいますから、これで満足ということはありません。
そして、投稿の写真も、加工アプリを使っていますから、本物以上にキラキラ輝いてうつります。
それらのものと、自分の日常とを比べると、どうしても、自分の日常が地味に見えてしまいます。
何かと比較しなければ幸せを感じられないわけですが、状況は絶えず変化していきますので、これでは不安も絶えません。新しく人気になる人が現れる不安もありますし、今の人気を維持するためには、次々と新しいものを生み出し続けなければなりません。そして、コロナの様に状況が一変すれば、築き上げてきたものが、一瞬にして土台からひっくり返るようなことも起こりうります。

承認欲求を求めてもゴールはない

SNSをやる目的は人それぞれではありますが、「承認欲求」を満たすためということで、集約されると思います。言葉を変えれば、自分の存在価値を確かめるためといっても過言ではないでしょう。人から評価されることで、価値を感じたり、人と同じということで、安心をしたり、角度が違うだけでみな、この自分の存在価値を確かめたいからではないでしょうか。
みんな自分の存在価値を認めてもらいたい、一番は、自分自身がそれを実感したいために、SNSをやっていると思います。
これは誰しもが根源的に求めていることです。
自分の生きている意味を感じたい、自分が生きている価値を知りたい、生きる意味を知りたい、この心が根っこの部分にあります。
しかし、この生きる意味がわからないので、さまざまな形で承認欲求を満たそうと、努力します。
この生きる意味がわかれば、SNSで振り回されることはなくなります。人の目で左右されなくなります。
日本人に人気の歴史上の人物に坂本龍馬がいますが、その龍馬もこの様に言っています。

世の人は我を何とも言わば言え 我なす事は我のみぞ知る (坂本龍馬)

世間の流れに合わせて生きれば、幸せになれるのか。他人の言うとおりにすれば、満足な人生が送れるのか。とんでもない。自分のやるべきことは、自分で考えて、探し求めていくしかないではないか。
あんな大きなことをできた坂本龍馬ですが、あの強さの秘訣はなんであったのか、たくましい生き様はどこから来たのか。それはひとえに、この己の生きる意味を、人生の目的をはっきりとさせていたところにありました。
この生きる意味がハッキリしていれば、人に左右されることのない、強い芯を持つことができます。いわゆる自分軸が手に入る訳です。
この生きる目的を誰よりも明らかにされた方が、お釈迦様でした。
そのお釈迦様の教えを聞けば、生きる目的が明らかになり、周りに振り回される人生からおさらばできます。

オンライン講座

クイズ

いかがだったでしょうか?

ぜひ、全問正解を目指して、学んで頂きたいと思います✨

何問正解だったでしょうか?

以下で教えて頂けると、

仏教の基本がわかる動画5本(1本10分程度)と、電子版の仏教の小冊子をプレゼントしています。

※個人情報の利用

当ウェブサイトで収集した個人情報は下記の目的以外では利用いたしません。

・お申し込みされたサービスをお届けするため

・お問い合わせに対する返答を送信するため

・新しい情報サービスを提供・開発するための統計資料とするため

・匿名で感想を紹介で使うことがあります。

最新情報をチェックしよう!