悲劇は「宗教」に対する無知からはじまる。グローバル社会で日本人がまず学ぶべきことは、「宗教」

無知では済まされない「宗教」への誤解

日本は、昔から宗教に関しては無知で有名です。
宗教=カルト、危険、洗脳、盲信などなど、あまりいいイメージを持たれていません。
カルト宗教という言葉もありますが、
宗教という言葉と同義で使われているのではないでしょうか。

色々な事件もあるため、
誤解されることも致し方ないとも思いますが、
今は、世界が舞台です。

宗教を重んじる海外の方と接しながら仕事をすることを思えば、
この宗教という言葉を正しく理解することが大切です。

海外と、日本の「宗教」に対する認識の違い

世界では、宗教は非常に重んじられており、
日本で言えば、
初対面の人に「どこ出身ですか?」と聞く様に、
当たり前に「あなたの宗教はなんですか?」と聞かれます。

宗教を聞くのは、相手を尊重する心からですので、
大切なことです。

イスラム教ならば、決まった時間に礼拝がある、
豚は食べれない、など、それぞれの宗教によって、異なります。

そんなものは知るか!と相手のことを無視していては、
一緒に生活することも、仕事をすることもできません。
ですから、相手の大切にしていることを知るために、
まず「あなたの宗教はなんですか?」と聞くのです。

「宗教』を知らなければ、戦いの舞台にもあがれない

ですから、その宗教について知らないのは、
将棋のルールを知らずに、
将棋の試合に臨むようなものです。
こんなことでは、試合にもなりません。

折角、自分と貴重な時間を割いて試合をしてくれる(コミュニケーションを取ってくれる)相手に対して、
そんなことをしていては、もう相手にしてもらえません。

将棋を楽しむには、最低限のルールを踏まえた上で、
相手の手を読み合うところにある訳ですから、
将棋を楽しむことさえもできません。

相手の宗教を聞き、それを理解することは、
ルールを知り、それに則って、将棋を指す様なものです。

大胆に言い換えれば、海外では、善悪の基準、行動規範などが、
宗教と言って過言ではありません。道徳に近いものですが、日本の道徳よりも、強い意味合いがあります。

しかし、日本は、宗教=カルト、危険、洗脳、盲信というような認識がなされていて、宗教に論じる人を、危険視しています。

宗教はみんな危ないというのはあまりにも偏った価値観です。

大学のテニスサークルはみんな飲み会しかしない、出会いの場でしかないと言っている様なものです。
テニスサークルと言っても、色々ある訳で、真面目に練習に励んでいる人も沢山あります。

強引な言い換えをすれば、
「野球は、ただの球遊びじゃない。棒を振って、球を打つだけならば、学校で掃除の時間にホウキで遊んでいた男子と変わらない。」
なんて言っている人とと同レベルです。

野球とはどういうものか、全く知らない人が、
雑にひと括りにしているだけです。

知ろうともせずに、論じる人ほど、残念なことはありません。

海外では、善悪の基準、行動規範という意味で使われていますが、
日本では全く異なり、思考力を奪い、自分で考える力を失わせるもの位に思われています。

この違いをまず知ることが大切です。
同じ言葉の様で、差している意味が全く違います。

「無宗教」という告白は、薬物中毒者宣言と同じ

海外の人に「無宗教」と言ってしまうと、
私は何のルールにも縛られません、善悪の基準はありませんと、
言っているのと同じになり、あまり良い印象を与えません。
日本で言えば、私は、法律を守りません、自分の好きなように振る舞い、行動しますと言っている人みたいなものです。

薬物中毒で、自分を自分で律することができない、いつ何をやるかわからないと言っているのと、同じです。

宗教という言葉の誤解を持ったままでは、
世界で恥をかき、思いもよらぬトラブルに巻き込まれるので、
この認識を改めましょう。

「宗教」とは、実は仏教の言葉

そして、宗教という言葉は、元来、仏教で使われた言葉です。
究極の原理や真理を意味する「宗」に関する「教え」を意味しています。
それが、明治初期になり、キリスト教などが日本にやってきた折に、
キリスト教の翻訳で、宗教という言葉を用いて、仏教とひとくくりにされました。

そして、宗教といえば、仏教、キリスト教、イスラム教などを指すようになりました。

日本では、一神教ではなく、八百万の神という言葉がありますが、
多神教の方が、親しみやすいです。

一神教の様に、一つのものを信じると大変な惨劇を生むことを、
日本は戦争で体験したこともあり、
一つのことを信じる宗教に対するイメージが悪くなりました。

そして、色々な宗教団体の不祥事や事件があり、
ますます宗教に対するイメージが悪くなっています。
そこで今もなお、宗教=危ないというイメージが拭い去れないのでしょう。

世界から見た日本、称賛された日本人の言動の根っこには、仏教がある

ちなみに海外から見た日本というのは、
仏教国であり、日本人は仏教徒です。

東日本大震災の時、また、ワールドカップの時に、
世界的なニュースになりましたが、
周りのことを考えた、おもてなしの精神の言動は、
まさに仏教の教えと繋がりが深くあります。

日本人は仏教徒の認識をしている人はほとんどありませんが、
日本人の言動は、仏教の教えが根底にあることが、
仏教を学ぶとわかってきます。

自業自得という言葉は、実は仏教の言葉です。

一般的には悪いことが起きたときに、
それはあなたの行いが原因でしょということで、
「それはあなたの自業自得」と使います。

しかし、別に悪いことに限らず、良いことも自業自得です。

成績があがったのも、勉強したからですから、自業自得です。

素敵な人とお付き合いできたというのも、自分磨きに励んだからで、自業自得です。

これは、海外では意外と受け入れられないことがあります。
何かと裁判が多いのも、自分ではなく、自分以外に原因があると思うためという分析があります。
これは自分の運命は、神が決めたという、運命論的な考え方が根っこにあります。
これがいいか、悪いかは別の議論となりますが、日本人と考え方が違うということを、
まず、おさえておいてください。

日本人は、色々な宗教がある中で、仏教徒と言われます。

自業自得から身につく、自責思考

そして、自業自得を教えられている仏教を学ぶと、自責思考が身につけられる様にもなります。

自責思考というのは、自分の身の上におきた原因は、
すべて自分に責任があるという考え方です。

これは自分が悪いという自傷行為的な思考と思う方もありますが、
全くの誤解です。

自責思考とは、自分の言動でよくなかった点はないか、
それを正せば、よりよくなるという前向きで、積極的な思考です。

自分以外に原因をおいてしまえば、どうすることもできず、
苦しみだけをただ受けて、忍耐していくしかありません。

しかし、自分の中に原因を持ってくるために、
その原因を正せば、好転するという受け止め方なので、
自責思考が身につくととても生きやすくなります。

美しき誤解という言葉もありますが、
基本的に誤解からは悲劇が生まれるので、
正しい意味を知ることが大切ではないでしょうか。

最新情報をチェックしよう!